失敗しない証明写真

就職活動は社会人になるためのはじめの第一歩。希望の会社に内定するために精力的に活動する学生さんも多いはずです。そんな就活を成功するために大切なのが履歴書の証明写真です。証明写真の印象が悪いと、若々しく活気に満ちた思いが伝わらず、「暗い雰囲気」や「だらしない印象」といったマイナスの評価をされてしまう場合もあります。そこで、失敗しない証明写真を撮るためのポイントをご紹介します。

どこで撮ればいいの?

失敗しない証明写真

証明写真というと、スピード写真機を思い浮かべる方が多いでしょう。自動で撮れるスピード写真機は印刷も早く便利ですが、顔や肩の高さや位置を決めたり、1番いい表情でシャッターを押したりするのは、想像以上に難しいもの。

就活用に、あなたの1番いい表情を引き出し、ベストな仕上がりの証明写真にしたいなら、プロのカメラマンが撮影してくれるスタジオ撮影の証明写真がおすすめ!スタジオ撮影なら写真の撮り直しや焼き増しもできるので、証明写真を多く使う就活に向いています。

スタジオと言ってもさまざまな写真館がありますが、就活用の証明写真用にサービスが充実しているところを選ぶとよいでしょう。専属のヘアメイクさんがいるスタジオなら、身だしなみのアドバイスももらえるので安心ですね。

身だしなみ・ヘアメイク

失敗しない証明写真

相手に好印象を与える証明写真を撮るために大切なのが、身だしなみとヘアメイク。就活生はどんなところに気をつけたらよいのでしょうか?

男性の場合、髪の毛は短めに整え、髭はキレイに剃っておきましょう。また、撮影の前にネクタイが曲がっていないかチェックしましょう。

女性の場合、基本はナチュラルメイクと髪の色はナチュラルなダークカラーが好ましく、顔の輪郭が出ているほうが表情が伝わりやすいので好印象を与えられます。前髪は眉毛が出るように短くするかサイドに流しましょう。髪が長い方は後ろで一つに束ねて、髪が短い方は、サイドの髪の毛を耳にかけましょう。

気をつけたい表情や姿勢

失敗しない証明写真

表情や姿勢を少し意識することで、好印象な証明写真になります。

写真を撮るときは、背筋を伸ばしてカメラの正面に向き、両肩が偏りなく水平になるように意識しましょう。

表情は真顔だと暗い雰囲気になってしまいますので、口角を少し上げるように意識して優しく微笑むようなものが好印象です。難しいのは顎の位置。上げすぎると高圧的に、引きすぎると自信なさげに写ってしまいます。おでこを前に出すように意識すると、顎は自然とちょうどよい位置にくるでしょう。

また、「目は口ほどに物を言う」という言葉があるほど、目元の印象は大切です。いつもより少し力を込めて、あなたのやる気・自信が伝わるような写真にしましょう。

最高の就活は最高の証明写真から。写真スタジオであなたのベストな証明写真を撮って、最高の就職活動にしてください。

SNSシェア

SNSで記事をシェアする

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ライン

トピックスへ戻る

TOP